・TOP ・SITEMAP ・GALLERY ・GUEST ・FACTORY ・BBS ・DIARY ・LINK

GALLERY

マラサイ

MARASAI
SPEC
■形式番号:RMS-108
■全高:17.53
■本体重量:33.1t
■全備重量:59.4t
■ジェネレーター出力:1,790kw
■スラスター総推力:74,600kg
■センサー有効範囲:10,900m
■装甲材質:ガンダリウム合金
■武装:ビームライフル ビームサーベル×2 バルカン砲×2
 

マラサイ

マラサイ

マラサイ

マラサイ

マラサイ

マラサイ

マラサイ

マラサイ

マラサイ

マラサイ
RMS-108 MARASAI 出撃する・・・!

――コメント――

復帰後最初に作ったマラサイのパール仕立てです。
エクストラフィニッシュではないノーマル物です。

工作と言える事は、、、合わせ目消し、エッジ立て、C面作り、筋彫りです。
表面処理は、田宮の紙やすり400番を使い、曲面には3Mのスポンジやすりも使いました。
(400番でも、ある程度使った後ならきれいに処理できます。)
サフは瓶サフ1000を使用。
サフ→ネービーブルー→ホワイトでグラデ→着色したパール
オレンジ色の所にはクリアーオレンジ上掛け。 関節はガンメタル。
動力パイプはパールのみ。
バーニアは内部を調色した黄色、外側をシルバー。
以上。
クリアー上掛けとか、磨きこみとかはしていない。。。

第三者視点だと、シャドーの入ったエクストラフィニッシュVerですなぁ。。。

ということで簡単ですが以上です。

ブログからQ&A
Q:400番だけでパール塗装?
Ans:400番で〜といっても、やすった後は必ず瓶サフを希釈したものをエアブラシで、軽くでもいいので吹きます。徹底的にサフ色でもおkよん。
サフ層を入れないと、やすったあとが見えちゃいます。
でも400番の傷ならサフで埋まっちゃってるんだと思われ。
本塗装(着色)に入る前仕上げの時に紙やすり新品で力入れてガシガシやするのはNG。
サフ層なしで着色しようとしたら600番とか800番が必要かと、、、。

分かりやすく流れを書くと、
金属ヤスリ〜400番やすり(時にスポンジ)→サフ→傷発見再やすり→サフ→GOサイン→着色
って流れでやってます。

カーモデル等、徹底的な鏡面仕上げにするならば1000番ぐらいまでやったほうがいいのではないでしょうか…
今回のこのマラサイは、塗装のブランクを埋めることでしたし、
パールによる輝きをプラスした程度でバリバリの光沢仕上げを目指したわけではないので・・・
って、言い訳です^^;
でも過去作品の中でも一番パールっぽい塗装面になってくれてます。

ぶっちゃけ、600番とか800番とかすぐ目詰まりして使えなくなるから使いたくないねん、、、
400番は意外と長寿命まる そしてサーフェイサーを考え作った人は天才。

御意見、御感想がありましたらBBSかブログなどで。


Copyright © kirarin. All rights reserved.
■INDEX  ▲PAGE UP
inserted by FC2 system